えがしらみちこブログ

絵本作家 江頭路子(えがしらみちこ)
お仕事・展示のお知らせ・日々のこと
「ねむの木学園」の子どもたちの作品が好き

先週末、ねむの木学園こども美術館の「どんぐり」へ行ってきました。

 

 

ねむの木学園とは、身体の不自由や知恵の遅れを持ち

家族と共に暮らすことができず、通学できない子たちを支援している施設です。

 

ねむの木学園

 

ねむの木学園には、美術館が2つあります。

どんぐり … ねむの木の子どもたちの絵画を展示

緑の中  … 学園長である宮城まりこさんの原画や友禅等の作品を展示

 

今回は、休館の都合で「どんぐり」に。

 

かわいい外観

ねむの木学園こども美術館どんぐり

 

壁画の草は、生徒さんの手描きだそう

ねむの木学園こども美術館

 

看板もかわいいです

ねむの木学園こども美術館

 

かわいいのだけど媚びていない

ただそこにたたずんでいる雰囲気が

とても良くてどの絵も素晴らしかったです。

 

 

カレンダーやポストカード、画集も買って

眺めては幸せな気持ちになっています。

 

ねむの木学園こども美術館

 

あぁ、かわいいなぁ

ねむの木学園こども美術館

 

↓テレビでもいろいろ取り扱われたりしているようですね

2016年5月 NHK[おはよう日本]での特集

 

↓ねむの木学園ホームページ

ねむの木学園: School for Handicapped Children

 

 

本 本 本
家ホームページ「テンキアメ」

http://www.tenkiame.com/
ツイッターツイッター
facebookフェイスブック
インスタグラムインスタグラム

 

| 展覧会みたよ | 13:28 | comments(0) | -
「天野喜孝展-想像をこえた世界-」熊本市現代美術館 11月23日まで
熊本市現代美術館で開催中の「天野喜孝展 -想像をこえた世界- 」を見てきました!

今回は、初期のタイムボカンシリーズから最新作までをまとめた251点が
ずらーーーーっと展示されていました。濃かった!
天野喜孝展 入り口
私が天野喜孝さんの絵をはじめて見たのは
小学生の時に出た「ファイナルファンタジー」のパッケージでした。
ゲームはやったことないのに、絵だけ覚えているという・・・

黒の面積と針金のような繊細な線がずっと記憶に残るくらい印象的でした。

天野喜孝展 作品
展示されている絵を見てて、驚いたのが原画の大きさ。
単行本などの装幀用に描いた絵なのに、B2サイズくらいのものばかり。

小さな人物が何人も描かれていたりするのもあって、縮小したときに
つぶれないサイズを無意識に計算しているのかしら。
天野喜孝展 作品2
最後の部屋だけ、撮影可(フラッシュ禁止)だったのが嬉しかったです。
出力したものをアクリルで圧着しているのかな?
透明感があってキレイでした。
天野喜孝展 会場
1952年生まれらしいので、62歳。(私の親と同じくらいビックリ
まだまだ現役で描かれていて感嘆の声しか出ないです。

力強い絵をたくさん見ることができて、なんだか私も元気になった展示でした。


鳥鳥鳥
家ホームページ「テンキアメ」http://www.tenkiame.com/index.html
ツイッターツイッター https://twitter.com/ega_michi
facebookフェイスブック https://www.facebook.com/egamichi
| 展覧会みたよ | 18:46 | comments(2) | -
井上靖文学館と「日本の原風景を描く」展
日曜日はクレマチスの丘へ。
井上靖文学館とベルナール・ビュフェ美術館の企画展をみてきました。

井上靖は、小学校の国語の教科書でもなじみのある文豪です。
沼津(三島のおとなり)で中学時代を過ごし
三島も小説の舞台にとりあげられています。
代表作は、『しろばんば』『敦煌』『孔子』などなど…
井上靖

こちらでは、井上作品の文庫本のほか
童話の挿絵ぬりえや冊子『伊豆文学散歩』なども販売されていました。
井上靖文学館
もっと井上靖さんの作品を読み継いで大切にしていこうという取り組みで
つくられた塗り絵。こういうの、好き♪

「伊豆文学散歩」は、文学を通じて土地や文学館などを紹介。
伊豆にちなんだ小説がこんなにあるんだーってビックリしました。


小さい頃読んだ、吉本ばななの「TSUGUMI」は、伊豆市土肥が舞台だそう。
しらなかった〜。
伊豆マップ


その後、ベルナール・ビュフェ美術館の「日本の原風景を描く」展へ。

歌川広重の作品は、教科書やテレビでちょくちょく見ることはあるけれど
有名なもの数点しか知らなかったので、ここで一堂に見ることができて良かったです。
ビュフェ美術館
山口晃さんが、三島の風景を何点か描いてくれていたのが嬉しかったなー。


クレマチスの丘で「ファミリーカード」を購入。
カードの絵が可愛くて・・・うっとりうっとり
ファミリーカード
絵は、佐々木愛さんの描きおろしだそうです。
(以前、ビュフェ美術館の企画展で個展をされています)


同じ絵のクリアファイルとクレマチスの丘のオリジナルお菓子も特典でいただきました!
うれしー。
特典

最近は、良いお天気が続き、呼吸すると金木犀の香りがいっしょに香ってきます。
風がちょっぴり冷たくて秋のおとづれを感じる今日このごろです。
キンモクセイ

この足のふんばり方いいなぁ↓
キンモクセイとあおい
| 展覧会みたよ | 19:42 | comments(0) | -
ヨコハマトリエンナーレとねずみくん
ヨコハマトリエンナーレに行ってきました。
横浜トリエンナーレ

まずは「象の鼻テラス」へ。
minä perhonen(ミナ ペルホネン)デザイナーの皆川明さんが
象の鼻カフェのキャラクターやスタッフユニフォームを担当されたそう。
mina、好きです。
像の鼻カフェ

カレーに添えてる人参が象の形象
店内の装飾や象のキャラクターを見て、それだけで満足して写真を撮るのを忘れてましたー。
像の鼻カフェ ランチ

その後は、展示会場の「新港ピア」や「ヨコハマ新美術館を」巡り、「初黄・日ノ出町地区」を見て、ホテルに宿泊。

メッセージ性の強い作品がたくさんだった…という印象。
釜ヶ崎芸術大学」や「黄金町バザール」のような「表現」を通じてかかわろうとする活動は面白いなぁと
考えさせられるところが多かったです。


2日目は、「BankART Studio NYK」へ。
ここは、昔港湾倉庫だったそうです。
ヨコハマトリエンナーレ

平日の朝イチに来たので、人が全くいなくて娘ちゃんがおびえていました。
大丈夫だったのは、この裏庭のカフェスペースだけ。
横浜トリエンナーレ03

ここは、夜にくるとまた表情が違ってステキなんだろうなぁー。
カウンター越しに海がみえます。赤レンガも。
横浜トリエンナーレ04

移動〜。
ねずみくん 歩き

港の見える丘公園から少し歩いて、県立神奈川近代文学館で開催中の
なかえよしを+上野紀子の100冊の絵本展」に来ました。
ねずみくん パンフレット
1974年に刊行された絵本『ねずみくんのチョッキ』。
文をなかえよしをさん、絵を上野紀子さんが担当し、31巻も出ている人気シリーズです。

会場には絵本の原画に加え、その絵本を作成する前のサムネールやラフも展示されていました。
そこに、赤字で編集者さんとのやり取りが書かれていて、とっても興味深かったです。


ここは、撮影可スペースの入口。ねずみくんとぞうくんのぬいぐるみがあります。
ねずみくん 入口
他にも、お絵描きコーナーやねずみくんクイズなどなど
いろいろな年齢層の方が楽しめる工夫が凝らされた展示でした。

展示内容については、絵本コーディネーター東條さんのBlog『僕らの絵本』に
細かく説明してくださっています。

ねずみくん展は、9月28日(日)までです〜。
| 展覧会みたよ | 17:20 | comments(0) | -
「キラキラ、ざわざわ、ハラハラ展」(横須賀美術館)へ。
三島駅から東海道線で熱海へ行き、大船まで出たらJR横須賀線で横須賀駅へ。
そこからさらにバスで30分…バス 

移動で約3時間はさすがにグッタリ。
でも、横須賀美術館は海と緑にかこまれてて、疲れが吹き飛ぶくらい気持ちいいです。

「キラキラ、ざわざわ、ハラハラ展」を見てきました!

展示会場の受付前には大きな傘☆

体験できるアートがたくさんあって、ワクワクドキドキ
気持ちが揺さぶられました。

娘ちゃんは怖がって泣いてたけどいひひ楽しい展示でした。


ちょうどワークショップがあり、お庭に出たらたくさんのシャボン玉が!

うまく写真におさめられなかったのだけど、とっても綺麗だったー。
| 展覧会みたよ | 20:07 | comments(2) | -
「新海誠展」(大岡信ことば館)へ行ってきました
大岡誠ことば館で開催中の「新海誠展 -きみは、この世界のはんぶん。-」に行ってきました。
新海誠展 チケット
会場は、新海誠さんの作品のコンテやパネルの他
作中のセリフが立体的に装飾されていて、より印象的な展示になっています。
(↓写真はことば館のFacebookページからお借りしています。)
新海誠展 会場写真
光のとらえ方がステキでした。
映像を見たことがないので、知っていたらもっともっと楽しめただろうなぁ。

会場には3ヶ所モニターがあり、作品の映像やメイキングが流れています。
(私は娘ちゃんが我慢できなさそうだったので、見るのを諦めました・・・。ざんねん)

展示については、まなべやさんのBlogにとっても詳しく&面白く書かれています〜。


休憩所からは新幹線のホームが。
新海誠展 休憩所

まるっこいベンチがかわいくて癒されました
新海誠展 休憩中

展示は10月19日(日)まで。(月曜休館です。)
東京から新幹線で3-40分くらいなので
プチ旅行で見に来ても楽しいと思います^^ ぜひ〜。
| 展覧会みたよ | 02:58 | comments(0) | -
酒 井 香 奈 展 - いつかみる庭 -
酒 井 香 奈 展
- いつかみる庭 -

ふわふわ漂っていたり、きらきらまたたいていたり
気持ちよくなる展覧会でした。

春っぽくておいしそうな作品たちに
かこまれて、おだやかな時間が過ごせました^^

酒井香奈展

2014年5月17日(土)−5月31日(土)
13:00−19:00(最終日18:00迄) 月曜休廊

場所:かわかみ画廊
東京メトロ(銀座線)外苑前駅 3番出口から
ベルコモンズの方にむかって徒歩5分

マクドナルドがあるビルの奥にある画廊です。
http://galeriekawakami.com/Exhibition.may.2014


5月末日までなので、ぜひ行かれてください!
 
| 展覧会みたよ | 19:28 | comments(0) | -
ふたりで新幹線
 初!
娘と2人で新幹線に乗りました。

「ひかり」だったので、あっという間に品川へ
さっきまで三島にいたのにもう東京でした


そして 日暮里

ギャラリー外観

谷中霊園から歩いて5分くらい
上野の櫻木画廊での個展に行ってきました。

今回の作品たちには
矛盾したキーワードが込められているそうです。
たくさんの人の中にいるのに、ひとりぼっちに感じたり
近くにあるときにはみえなかったり・・・

春らしくてあたたかい色彩のなかに
なんとなくせつない感じもして
ゆっくり何かについて考えたい気分になりました

右側のピンクの絵がキュートで素敵!
かわいかったです♪

かわいい!



看板 酒井香奈 個展「とおく、ちかく」
  4月16日(火)〜28日(日)
  11:00-18:30(月曜休廊)

 場所:櫻木画廊 (台東区上野桜木2丁目15−1)
 電話:03-3823-3018


 酒井香奈HP:
 http://www.sakaikana.com/index.html










そのあとは、上野の「音音」でまま友ランチ
お座敷の個室だったので
たくさんお話できました♪
上野の音音
たのしかった〜
| 展覧会みたよ | 10:13 | comments(0) | -
奈良美智 ++ a bit like you and me ... ++
「奈良美智:君や 僕に ちょっと 似ている」
熊本市現代美術館で開催中です☆

http://www.nara2012-13.org/

美術館入り口

はじめて原画をみることができて
その大きさや描き込みっぷりに感動。


これまでの奈良美智さんの描く子にあった
攻撃的な印象がなくなって、泣いているような
どこか悟っているような感じがしました。

ブロンズ像と最近の作品が特によかったです。

チケット


そのあと、orange cafe でのタダジュンさんの展覧会へ
カフェの2階に展示されてました。

繊細な白黒の世界
ライオンの絵がよかったなぁ

オレンジカフェ


カフェでコーヒーとケーキをいただきました。


baby

| 展覧会みたよ | 18:49 | comments(2) | -
マリメッコと太宰府
 フィンランドテキスタイルアート展が太宰府天満宮で開催されてると聞いて
行ってきました!


境内のいろんなところにインスタレーションが。



個人的に一番好きだったのは、文書館。

床の間に飾られた梅とテキスタイルが
文書館の黒と相まって
それはそれはおしゃれな空間が広がっていました。


太宰府の清々しい空気や真っ青な空がよかったぁ〜



↓展示の様子がレポートされてます
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2013-02-24/finland-dazaifu/
| 展覧会みたよ | 17:24 | comments(2) | -

いろいろおてがみ

しいちゃんおひめさまになる

なきごえバス (コドモエ[kodomoe]のえほん)

はるかぜさんぽ (講談社の創作絵本)

あめふりさんぽ (講談社の創作絵本)

さんさんさんぽ (講談社の創作絵本)

ゆきみちさんぽ (講談社の創作絵本)

SELECTED ENTRIES
月ごとの記事
カテゴリー
LINKS