えがしらみちこブログ

絵本作家 江頭路子(えがしらみちこ)
お仕事・展示のお知らせ・日々のこと
たくさん共感して笑って泣けます『たまご絵日記2~かあちゃん2年目のリアル~』
育児中のお母さんたちにぜひ読んで欲しい本です。
『たまご絵日記2~かあちゃん2年目のリアル~』(作:ナナイロペリカン/マイナビ)

育児ブログ http://nanairo-perikan.blog.jp/
(昔のログはこちら→ http://ameblo.jp/nanairo-perikan/ )
が人気を呼んで書籍化されたコミックエッセイです。
たまご絵日記 表紙
育児中って本を読む時間もないので、マンガはありがたい・・・

子育ては、睡眠も食事も少しずつ制約され(ひとつひとつはたいしたことないのだけど)
地味にじわじわとストレスがたまっていきますが
これを読むと笑いで気持ちが軽くなります。

つらいこともこんな風に笑い話にできたらなー と、この発想に憧れる。
たまご絵日記 笑
寝かしつけネタは、ほんとに共感。
はっと目が覚めると朝ってよくあるうんうんよくある

最近、2巻目が発売されたのですが、1巻もおすすめです。

たまご絵日記 〜新米かあちゃん奮闘記〜

新品価格
¥1,080から
(2014/11/30 14:03時点)

たまご絵日記2 ~かあちゃん2年目のリアル~

新品価格
¥1,080から
(2014/11/30 14:04時点)


たまご たまご たまご たまご たまご
家 HP「テンキアメ」http://www.tenkiame.com/
ツイッター ツイッター お気軽にフォローしてくださいね。
facebook フェイスブック 平日ほぼ毎日更新中。
| 本・映画・DVD | 18:00 | comments(2) | -
2歳からの読み聞かせ「ちいちゃん絵本」しみずみちを(ぽるぷ出版)
ちょうど、三輪車を買ったので
三輪車にまつわる絵本、ないかな〜と絵本ナビを検索していたら発見。
ちいちゃんシリーズ
この三輪車を押す後ろ姿がかわいくてかわいくてメロメロ
上の写真の4冊を購入しました。

文字数も多すぎず少なすぎず2歳4ヶ月の娘にはちょうどいい感じ。
歌を歌うように読めるので、声に出して気持ちがいいです。


娘も感情移入しやすいみたいで、毎晩この4冊を「よんで」と持ってきてくれます。

ちいちゃんがぴいぴいサンダルをはいてお散歩するシーン
♪らららん るるるん ぴいぴいぴい
「あらら・・・なんでしょ」まで真似するので
すっごくかわいいです。


調べてみると、この「ちいちゃん絵本」(ぽるぷ出版)はシリーズで全12冊出ています。
1)ちいちゃんのさんぽ
2)ちいちゃんとかくれんぼ
3)ちいちゃんとさんりんしゃ
4)ちいちゃんとかわあそび
5)ちいちゃんときのぼり
6)ちいちゃんのはいしゃさん
7)ちいちゃんとこどもぶんこ
8)ちいちゃんとじゅうごや
9)ちいちゃんとおみこし
10)ちいちゃんとゆきだるま
11)ちいちゃんのたんじょうび
12)ちいちゃんとまめまき

「子ども文庫」なんてどんなお話なんだろう・・・。
| 本・映画・DVD | 18:14 | comments(0) | -
絵本に興味のある方におすすめな本「えほんのせかい こどものせかい」松岡享子
自分で絵本をつくってみようかなぁ・・・と思ったときに
絵本の読み聞かせについて研究されている方から紹介していただいた本。

『えほんのせかい こどものせかい』著:松岡享子(日本エディタースクール出版部)
えほんのせかい こどものせかい
『おおきなかぶ』や『ちいさいおうち』など
名作といわれ、読み続けられてきた絵本には理由があるということを
こどもの目線で説明してくれています。

後半は、グループで読み聞かせするのに適した本や読み方
おすすめの絵本が34冊紹介されています。

えほんのせかい こどものせかい 内容
特に私が面白いなぁと思ったところは、『どろんこハリー』の文例。
最近の絵本に見られる「一見よさそうに感じられる表現がかえって過度な負担をかけている」という箇所です。

『あめふりさんぽ』を作っているときに、ほぼ完成の段階で
「これは大人の言葉ですね」という指摘があり文章を修正したのですが
この文例のように作っていたかもしれない・・・と考えさせられました。

えほんのせかい こどものせかい
これを初めて読んだのは3年くらい前。
そのときは子どもがいなかったので
頭で理解していたつもりになってただけでした。

子どもができて読み聞かせしていると、こんなところで笑うのかーとか
大人との違いに興味深く感じるところがたくさんあります。
この本はその理由を教えてくれて、改めて納得したのでした。

これからまた何回も読み返したい本です。
 

えほんのせかい こどものせかい

新品価格
¥1,404から
(2014/11/7 21:42時点)

初版は、1987年なのでもう30年ほど前のものですが
今でも色あせない内容です。
| 本・映画・DVD | 21:55 | comments(0) | -
本屋さんで気になった装丁の本

紙の月 角田光代(角川春樹事務所) 
装画 吉實 恵
装丁 池田 進吾

その桃は、桃の味しかしない
加藤 千恵 (幻冬舎) 
装画 網中いづる
装丁 大久保伸子

家族ずっと
森 浩美 (双葉社) 
装画 木内達朗
装幀 松岡 史恵

星に願いを、月に祈りを
中村 航 (小学館) 
装画 宮尾和孝
装丁 ???

くちびるに歌を
中田 永一 (小学館) 
装画 北沢平祐
装丁 山田光明

屋上ミサイル (このミス大賞受賞作)
山下 貴光(宝島社) 
装画 ケッソクヒデキ
装丁 松崎理


最近、ピンクや水色が使われている装丁が気になりがちです。
| 本・映画・DVD | 18:48 | comments(0) | -
おすすめの絵本です→『あさになったのでまどをあけますよ』

あさになったのでまどをあけますよ


最近、気になってた絵本です。


『あさになったので まどをあけますよ』
【作・絵】荒井良二
(偕成社)


本屋さんで立ち読みしたのですが
やっぱり買おう〜。
読むとゆったりした気分になる本です。


朝、起きて窓をあけるっていう
いつもの普通な日常なのだけど
その日常がいとおしくなるような内容で

目の奥のあたりがジーンってする気がしました。


1日いちにちを大切に過ごしたくなります

| 本・映画・DVD | 23:56 | comments(2) | -
1月の観たり読んだり
『アヒルと鴨のコインロッカー』アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂幸太郎
(創元推理文庫)

5年くらい前からずっと
タイトルと装丁が気になっていたのだけど
やっと読みました。

比喩表現に透明感があって好きだなぁ

ただ、残酷なシーンの描写がなまなましくて
『重力ピエロ』も気になるのだけど、なんか耐えれなさそう。
(映画みちゃったから)
元気なときにチャレンジしてみますー。


悲しみよさようなら『悲しみよ こんにちは』
フランソワーズ・サガン
(新潮文庫)

サガンが18歳の時のデビュー作。
18歳でこの感性はすごい・・・。

文章が古風で慣れるまでしどろもどろでしたが
すぐにそのテンポが心地よくなりました。


ハーブあんどドロシー『ハーブ&ドロシー』
監督  : 佐々木芽生


ドキュメントって退屈なイメージだったけど
そんなこと全然なかったです。

2人にとって作品を収集することは
創造していることと同じなのかもなぁ。

じんわり残る映画でした。


おまけ


ブックカバー

青山のワタリウム美術館のお向かいにある mina perhonen piece で買った切れ端で
ブックカバーを作りました♪

たくさん本をよもーっと。
| 本・映画・DVD | 15:54 | comments(2) | trackbacks(0)
コララインとボタンの魔女
コララインとボタンの魔女

コララインとボタンの魔女
観ました♪

これって3Dだったんですねー。

わががまを言うと吹替えじゃないほうが良かったです(T_T)
なんか、コララインが可愛くない顔なのだけど
最後まで可愛く見えなかった…。声のせいかなぁ。

すっごい好きなイラストレーター上杉忠弘さん
コンセプトアートを担当されているそうです。ステキ!!

3Dじゃなかったら、どう感じるのかも気になるので
今度はDVDでリベンジー。 です。
| 本・映画・DVD | 17:04 | comments(2) | trackbacks(0)
27Allenのブレスレットとストレンジャー・ザン・パラダイス
お仕事で関わったことがきっかけで気になっていた
「27.Allen」のブレスレットが届きました♪

27.Allenのブレス

好きな石が3種類選べるので、めっちゃ迷ったけど
その分なんだか愛着があります。
華奢で目だたないのだけど、お守りみたいでお気に入り*^^*

ストレンジャーザンパラダイス

DVD「ストレンジャー・ザン・パラダイス」を観ました。
構図がオシャレー。
作業しながらの流し見だったので、もう一回みようかなぁって
思ってたら、レンタルの期限が切れちゃって断念。

ほいで、数ヶ月前にオーナーが画集を買ってきて以来気になっていた
「ジョン・ルーリー展」を見に行ったら、そのDVDに出てる役者さんだっていうことが判明☆

こういう何気ない事がつながる偶然って最近よく起きるなぁ。

ジョン・ルーリー

ジョン・ルーリーの絵、とってもいいです。
危うい雰囲気とか子どもっぽいとことか…。

もいっかいDVDレンタルしよーっと。

「ジョン・ルーリー ドローイング展」
会期:2010年1月30日[土] → 5月16日[日]
時間:11時 → 19時(毎週水曜日は21時まで延長)
休館日:月曜日 [3/22、5/3は開館]
入場料:入場料:大人1,000円
場所:ワタリウム美術館
| 本・映画・DVD | 21:16 | comments(6) | trackbacks(0)
「トランスフォマー リベンジ」
みました。

敵のロボットが最初っから強すぎて
「こんなん勝ち目ないじゃんー」って半分ドキドキしつつ
でも、まぁ安心して楽しめる映画でした。

途中、たくさん出てくるロボットに混乱して
「ターミネーター」を観てる感覚になっちゃって
人間VSロボットという視点で見てしまい、「あれ?何の映画だったけ?」ってしばらく考えてしまった。

だから、もっかい観てもいいかもなぁ。


主人公のサムがどうも魅力的にみえなくて、ううむー。

あ、でも学校生活始まりからパーティーまでの
会話とかリズム感はよかった♪
言い寄ってくるかわいい女の子に対する距離感というか
トンチンカンっぷりが個人的には好き。

トランスフォマーリベンジ
似てないし。映画のイラストって難しいね。
| 本・映画・DVD | 03:43 | comments(8) | trackbacks(0)
ヴァージン・スーサイズ
やっと観れました。
ひとことで感想をいうと「けだるい… くもり 」かなぁ。



寝すぎで逆に疲れてしまったような感覚を連想しちゃってちょっとブルーな後味です。

もっとなぁ…キラキラした世界が浮き立って見えると思ったのに
明るい部分まで暗い印象に負けてしまった感じ↓

でも、構図や色彩がオシャレ!
小物も素敵で、部屋の雑貨やパーティーの風船やデコレーションされたガスマスクとか良いです。
あと、姉妹の説明に出てくる手書きの文字とかラブラブうぁーすきだーって思います。

あまり説明的でなくって
観た人それぞれが共感したり解釈できる余地を残しているので
感想を言い合いたくなるような映画でした。
| 本・映画・DVD | 15:50 | comments(5) | trackbacks(0)

いろいろおてがみ

しいちゃんおひめさまになる

なきごえバス (コドモエ[kodomoe]のえほん)

はるかぜさんぽ (講談社の創作絵本)

あめふりさんぽ (講談社の創作絵本)

さんさんさんぽ (講談社の創作絵本)

ゆきみちさんぽ (講談社の創作絵本)

SELECTED ENTRIES
月ごとの記事
カテゴリー
LINKS